おいしいコピーの時代

80年代の広告を物語るにおいて、「コピー」という役割が大きく注目されたことを忘れてはならない。

わずか数行の文章で、数百万円のギャラ、なんて話を聞いて驚いたものだ。
やはりその立役者として、最も注目を浴びていたのは、糸井重里氏だった。
彼の代表作は、「おいしい生活」であろう。
ポスターやテレビCMには、米国の映画監督 ウディ・アレンが起用されていた。

ここで、西武百貨店の広告コピーを調べてみた。

1980年
じぶん、新発見
1981年
不思議、大好き
1982年
おいしい生活
1983年
おいしい生活
1984年
うれしいね、サッちゃん
1985年
情熱発電所
1986年
元禄ルネッサンス
1987年
じゃない
1988年
ほしいものが、ほしいわ
1989年
より道主義だ

 
今、改めて見返してみてどうだろうか?
何かその微妙な雰囲気が、掴みどころのない、80年代の感じだったのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です