化粧品CMソング 80’s

80年代は化粧品のCMソングが華やかな時代だった。
ランキング番組でもランクインして、そのそれぞれの季節に目にし、耳にした。
曲が売れ過ぎると商品があまり売れなくなる、との都市伝説らしい話も聞いた覚えがある。

さて、皆さんが記憶している曲はいつのどの会社のものだっただろうか?

(「あれ?、あの曲は?」という場合は、実は70年代のCMソングだったりする)

80年春
資生堂 不思議なピーチパイ(竹内まりや)
カネボウ 唇よ、熱く君を語れ(渡辺真知子)
ポーラ Hey Lady 優しくなれるかい(庄野真代)
80年夏
資生堂 蜃気楼(クリスタルキング)
カネボウ ビューティフル・エネルギー(甲斐バンド)
ポーラ クィーンはまぶしい(松野こうき)
80年秋
カネボウ How many いい顔(郷ひろみ)

81年春
資生堂 ニートな午後3時(松原みき)
カネボウ 春先小紅(矢野顕子)
花王 コットン気分(杏里)
81年夏
資生堂 夏の扉(松田聖子)
81年秋
カネボウ キッスは目にして!(ザ・ヴィーナス)
81年冬
資生堂 A面で恋をして(ナイアガラトライアングル)

82年春
資生堂 い・け・な・い ルージュマジック(忌野清志郎&+坂本龍一)
コーセー 色つきの女でいてくれよ(ザ・タイガース)
82年夏
資生堂 LAHAINA(矢沢永吉)
カネボウ 赤道小町ドキッ(山下久美子)
82年秋
カネボウ すみれ September Love(一風堂)
コーセー OK!マリアンヌ(ビートたけし)

83年春
資生堂 う、ふ、ふ、ふ、(EPO)
カネボウ 夢恋人(藤村美樹)
83年夏
資生堂 め組のひと(ラッツ&スター)
カネボウ 君に、胸キュン。(YMO)
コーセー 夏女ソニア(もんた&ブラザーズ)
83年秋
資生堂 恋は、ご多忙申し上げます(原由子)

84年春
カネボウ Rock’n Rouge(松田聖子)
84年夏
資生堂 その気×××(大沢 誉志幸)
カネボウ 君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。(中原めいこ)
84年秋
カネボウ ピンクのモーツアルト(松田聖子)
84年冬
カネボウ 星化粧ハレー(ハイ・ファイ・セット)

85年春
カネボウ シンデレラは眠れない(THE ALFEE)
85年夏
資生堂 いろ、なつ、ゆめ~彩 夏 夢(石川セリ)
カネボウ にくまれそうなNEWフェイス(吉川晃司)
85年秋
資生堂 メトロポリスの片隅で(松任谷由実)
カネボウ LOVE、かくし色(森山達也)
85年冬
カネボウ PRINCESS TIFFA(TAKAKO & THE CRAZY BOYS)

86年春
資生堂 色・ホワイトブレンド(中山美穂)
カネボウ くちびるNetwork(岡田有希子)
86年夏
資生堂 BAN BAN BAN(KUWATA BAND)
カネボウ ちょっとやそっとじゃ Can’t Get Love(中村あゆみ)
86年秋
資生堂 ツイてるね ノッてるね(中山美穂)
カネボウ ノーブルレッドの瞬間(とき)(国生さゆり)

87年春
資生堂 くちびるスウィング(小林明子)
カネボウ 水のルージュ(小泉今日子)
87年夏
カネボウ くずせるものならくずしてごらん(CLAXON)

88年春
カネボウ 吐息でネット(南野陽子)
88年夏
資生堂 GO AWAY BOY(PRINCESS PRINCESS)
カネボウ C-Girl(浅香 唯)
88年秋
資生堂 彼女とTIP ON DUO(今井美樹)
カネボウ MUGO・ん・・・色っぽい(工藤静香)

89年夏
カネボウ Return to Myself~しない、しない、ナツ。 (浜田麻里)
89年秋
カネボウ MISTY~微妙に~(氷室京介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です